薬を飲む男性とスプーンの上にのったカプセル
  • ホーム
  • レビトラは即効性に長けているのが特徴

レビトラは即効性に長けているのが特徴

レビトラは日本で認可されている3大ED治療薬の中では2番目に認可されており、2004年から病院処方を原則としてしています。
食事の影響を受けにくく、即効性に長けているのが大きな特徴であり、勃起時の陰茎の強度にも定評があることから、多くのリピーターを生み出しているED治療薬です。
レビトラの有効成分はバルデナフィルと呼ばれる成分であり、他のED治療薬の有効成分と同じように、体内に吸収された後、PDE5と呼ばれる酵素の過剰分泌を阻止します。
PDE5は陰茎の勃起に大きく関わるcGMPという物質を壊す酵素ですから、これを阻止することでcGMPの働きが活発となり、血管拡張作用を高くなることで正常に勃起するようになります。
バルデナフィルが他の有効成分と異なるのは、水溶性が高い特性を持っており体内に浸透する速度が速いことです。
そのため、レビトラは服用後20分程度で効果が現れ始め、40分から1時間後には最高血中濃度に達することができます。
また、急激に体内に吸収されることから、陰茎部への血液の集中速度も速くなり、勃起時の強度も高くなります。
一般的に勃起時の陰茎の強度はリンゴ程度が理想とされていますが、レビトラは十分にその強度が期待できます。
レビトラは即効性に長けているのが特徴である反面、副作用にも注意が必要です。
その症状としては「ほてり」「頭痛」「筋肉痛」「鼻水」など一般的なものですが、即効性が高い分だけ副作用も服用直後に現れやすいといった特徴があります。
また、適度なアルコールであれば問題はありませんが、過度にアルコールを摂取すると血管拡張作用によって急性アルコール中毒の危険もありますから注意が必要です。
さらに、硝酸剤や抗ウィルス薬、抗不整脈薬などはレビトラの併用禁忌薬となりますから、飲み合せることで重篤な健康被害が発生する危険があります。
また、意外なところではグレープフルーツジュースも飲み合せることが危険な飲料となります。
というのもグレープフルーツにはフラノクマリン酸という成分が多く含まれていますが、レビトラの吸収率を高めることから予期せぬ副作用を引き起こす危険があります。

レビトラをグレープフルーツジュースで飲むと危険

レビトラは3大ED治療薬として有名で、非常に即効性があることで人気があります。
日本では2番目に認可された薬で、服用してから40分~1時間ぐらいで最高血中濃度に達するので効果を実感することが可能です。
レビトラはアルコールはもちろんグレープフルーツジュースとの併用にも注意が必要です。
基本的に薬を服用すると、体内の代謝酵素「シトクロムP450」のCYP3A4により次第に分解され効果は薄くなります。
しかしグレープフルーツを体内に摂取すると、含まれている「フラノクマリン」という成分が体内の代謝酵素の作用を阻害します。
このことから薬の分解が遅くなり体内に薬が余分に吸収され、薬の効果が強く出たり副作用などが強く出ることが起こるのです。
つまり、グレープフルーツジュースなどにあるフラノクマリンの成分が体内に入ってしまうと、薬が体内の代謝酵素により分解されなくなります。
シルデナフィルやバルデナフィル・タダラフィルなどの成分を利用したED治療薬は、グレープフルーツジュースと同時に摂取すると副作用が大きくなったり、薬の効果などが強く出過ぎてしまうことがあるでしょう。
ED治療薬には基本的に頭痛や鼻づまり、目の充血や動悸、背部痛や消化不良、潮紅や筋痛、色覚変化などの副作用があるので、これらの副作用が大きく現れることが予想されます。
更に血圧を下げる働きなども強く出る可能性があるので、他の医薬品を服用している人は注意が必要です。
そのためグレープフルーツジュースと同時に摂取することは更なる危険が伴います。
ED治療薬を服用し、安心・安全に効果を得るためにももし不安な場合や疑問点があるなら医師に確認したり相談したりすると良いでしょう。

サイト内検索
人気記事一覧