薬を飲む男性とスプーンの上にのったカプセル
  • ホーム
  • 女性用バイアグラのラブグラで不感症改善

女性用バイアグラのラブグラで不感症改善

不感症などの性機能障害の悩みを感じている女性は意外と多いです。
オーガズムを感じられなかったり、挿入時に痛みを感じてしまう事で、セックスに対してやりたくないという思いに発展してしまうと、パートナーとの関係にも影響が出てきてしまう事もあります。
トラウマがあったり、ストレスなどの原因によっても性機能障害や不感症に発展してしまう事もありますが、身体的に性感刺激ホルモンが減少してしまっているという事が関係している場合もあるようです。
原因は人によって異なりますが、あまり相談出来ない悩みという事もあり、一人で悩んでしまっている方も多いです。
その解決方法の一つとしてラブグラという薬を服用するという方法が挙げられます。
不感症に効果があると言われているラブグラは、女性用に作られているお薬です。
インドのアジャンタファーマ社が手掛けているお薬ですが、血管拡張をする効果があり、不感症の症状でもある性感欠如、膣乾燥、性的刺激の減退に作用することが出来ます。
そのため年齢とともに感じていたうるおい不足で、挿入時に痛みを感じていたという場合でも効果を感じることが出来るでしょう。
オーガズムをなかなか感じられない方は、膣内の血流が悪くなっていることも考えられます。
もちろんストレスなどの原因もありますので、薬を飲むだけで解決できなかったという場合もありますが、ラブグラに関しては多くの方が効果を実感しています。
口コミ評判やランキングなどを見ても、それは分かりますので試してみると良いでしょう。
ラブグラの服用方法は、セックスを行う1時間ほど前の空腹時に服用します。
空腹時に飲むという事が効果を大きくさせるポイントの一つです。
また、副作用として鼻づまり、顔のほてりや頭痛などを感じる事もありますが、これは血管拡張という血流に関係している効能があるためです。
副作用が出るのはごく稀ですし、服用方法や量を守っていればそこまで心配することはありませんが、普段服用しているお薬があるならば、医師に相談してみましょう。

不感症のそもそもの原因とは?

女性にとって不感症は他人に相談しにくい問題であり、一人で抱え込む傾向が強く、正しくその症状や原因を理解できていないケースも少なくありません。
一般的に不感症はセックスの際にオーガズムに達することができない症状を指しますが、身体的な要因は稀であり、経験不足や過去のトラウマなど精神的な要因が大半です。
実際にセックスの際、オーガズムに達するのは3回に1回程度であるといった統計もあります。
毎回オーガズムに達さなくとも不感症ではありませんが、1回でもオーガズムが得られないと、精神的なストレスを溜め込んでしまい不感症になってしまう人も少なくありません。
この状態が継続すると、生殖器抑制酵素と呼ばれるPDE5が過剰に分泌してしまい、性感刺激ホルモンの分泌が抑えられ、膣分泌液が減少し膣乾燥などの性機能障害を引き起こしてしまうのです。
また、これとは別に、加齢によっても同様の状態が引き起こされる場合があります。
したがって、不感症や性機能障害を改善するには、女性用の治療薬を用いてPDE5の分泌を阻止し、性感刺激ホルモンを正常に分泌させることが必要となります。
女性用治療薬であるラブグラは、シルデナフィルを主成分としています。
このシルデナフィルは、まさにPDE5を抑制する効果があり、性感刺激ホルモンの働きを活性化させることで、女性性器付近の血行が促され、膣分泌液が正常に分泌されるようになります。
もちろん、ラブグラは媚薬ではありませんから、服用しただけで膣分泌液が分泌されるわけではありません。
あくまでも性的な刺激に対して、反応してオーガズムに達しやすくなるものですから、パートナーは女性の不感症の原因を理解して接することが大切です。

サイト内検索
人気記事一覧