薬を飲む男性とスプーンの上にのったカプセル
  • ホーム
  • 性欲を高めるためにフリバンセリンを使う

性欲を高めるためにフリバンセリンを使う

EDに悩む男性の性機能を回復させる薬に対して、女性の性欲を刺激する効果を持っている薬にフリバンセリンというものがあります。
このフリバンセリンは2015年に米食品医薬品局に承認された薬で、もともとはドイツのベーリンガー・インゲルハイム社が抗うつ剤として開発したものです。
現在では女性の性的欲求低下障害の治療に有効ということが臨床データからも証明されています。
女性器を濡らすことができる薬は既に流通されていましたが、女性の性欲そのものを刺激する効果を持つ薬はフリバンセリンが最初で、女性側の原因で性生活に悩んでいる方々から注目を浴びているのです。
ただ、日本ではまだ処方されていないのでフリバンセリンを入手するには、個人輸入を利用する必要があります。
なぜ、フリバンセリンが性欲を刺激するのかというとフリバンセリンは、身体に作用するのではなくて脳に直接作用する薬です。
神経伝達物質のノルエピネフリンや性的な欲求を刺激するドーパミンの分泌と伝達を向上する働きがあるからです。
さらに、ドーパミンの働きを阻害するセロトニンの分泌を抑える効果もあるので性的興奮を高めるのです。
その結果、性欲の低下や性欲が少ない女性が性行為の欲求が高くなるのです。
性的興奮の高まりから女性器の分泌物も多く出るようになります。
フリバンセリンを服用した女性からはまるで電気のスイッチが入ったかのようだとの体験談もあります。
ただし、気を付けなければならないのは、吐き気やめまい、眠気、倦怠感、低血圧などの副作用がある場合があります。
また、他の薬との併用も副作用を強める可能性もあるので、どうしても併用する場合は、医師に相談するのがいいかもしれません。
使用方法としては、1日1回100mgを水と一緒に毎日服用すると効果が期待できます。
また眠気が出る可能性があるので、就寝前の服用が推奨されています。
女性器の潤いを保つ効果のある薬が効かない方や、パートナーとの健全な性生活を取り戻すためにもフリバンセリンはおすすめです。

フリバンセリンは毎日服用することが大切

性機能治療薬といえば男性を対象としたものが一般的ですが、女性用の性欲改善治療薬があるわけです。
女性用の治療薬は男性用のED治療薬とは性質が異なり、成分も大きく異なります。
但し、性欲を高めて性生活を豊かにする点においては、共通した効果を発揮するといえます。
男性用のED治療薬は、男性器の勃起を促進するための成分が主流となります。
特に有名なED治療薬にはシルデナフィルという成分が含まれており、ペニスへの血流を促進する効果があります。
加えて、男性器の勃起を抑制する成分の働きを抑えることで、勃起状態を維持できるわけです。
男性用のED治療薬は性欲自体に作用するものではなく、あくまで機能不全の改善に作用するものです。
一方、フリバンセリンは女性の不感症を治療するために用いられています。
女性が不感症に陥るには様々な理由がありますが、一部の不感症治療薬には、シルデナフィルが含まれることがあります。
主な作用としては女性器周辺の血流を促進することで、感度を高めることが期待されるわけです。
女性器周辺の血流が高まれば、内分泌が促進されるので、性感度が高まることになります。
それが性交時の痛みを和らげる作用にもなり、セックスを楽しいものとすることが出来ます。
フリバンセリンには、女性器周辺の血流を促進する作用があり、それがオーガズムを起こしやすくするわけです。
この薬はもともとカナダの製薬会社が開発したものですが、アメリカのFDAでも承認を受けています。
フリバンセリンはシルデナフィルと異なり、脳内に直接作用を及ぼす働きがあります。
それによってドーパミンやノルエピネフリンなどの神経伝達物質が促進され、性欲減退が改善されると言えます。
但し、フリバンセリンは即効性がある治療薬ではないので、継続して服用することが肝心です。
就寝前の服用が推奨されており、毎日服用することが大事です。
また、アルコールや抗うつ剤などと併用することは出来ないので、正しい用法と用量を守ることが大切です。
副作用としては、眠気や低血圧などがあります。